授業の進め方とそのスピード

生徒に合わせた授業の進め方!

個人指導塾では、マンツーマンか生徒と先生2対1で授業を進めていきます。先生がいつも隣にいるため、分からない点があった時はすぐに質問することができます。授業の進め方は集団指導塾とは違い、独特な方法で行われています。集団指導塾は、年度が始まる前に定められたカリキュラム通りに授業が進んでいくのに対して、個人指導塾は、生徒の学習の進み具合に合わせて授業が進んでいきます。学習のために使用する教科書や参考書も、生徒ごとに違います。また学校の試験直前には、学校の教科書を使って、テスト対策が行われるケースもあります。このように集団指導塾はカリキュラム主導で授業が行われているのに対して、個人指導塾は生徒主導で、状況に合わせて臨機応変な指導が行われています。

授業を受ける日を振り分けられる!

個人指導塾は授業の振り分けも可能です。生徒の都合に合わせて、授業を実施する曜日や時間を変更し、授業を受けることができます。生徒が都合がいい日時を指定して授業を受けられるため、生徒の集中力も上がり、学習効果も上昇しやすいでしょう。また個別指導塾では「宿題」と「自習」を授業に組み合わせて、学習を進めています。漫然と宿題を出すのではなく、なぜこの宿題をすることが必要なのか、意図を説明したのちに出題するため、生徒のモチベーションが上がります。また個別指導塾では、自習室を開放していて、生徒が自由に利用することができます。個別指導塾では、先生に質問しやすいため、自分の課題も見えやすいというメリットがあります。課題が明確な状態で自習をすることで、さらに高い学習効果が生まれます。