生徒との人間関係

生徒一人一人のニーズを汲み取れるように

家庭教師として初めてのアルバイトをする先生や既にアルバイトをしている先生の中で、生徒とどう接していけばいいのか分からないと悩む方も多いかと思います。特に集団授業と違い、個別授業となると生徒との二人三脚となり、先生との関係が生徒の成績に少なからず影響を与えています。生徒と円満な関係を築いて、勉強を教えながら勉強の楽しさを知ってもらい志望校に合格してほしいですよね。 でも、生徒の想いも生徒それぞれです。ちょっとした生徒とのコミュニケーションの不和が関係に傷が入り、生徒の成績不振や先生に対する不信感に繋がってしまうこともあります。まずは、先生がその生徒のニーズをしっかりと読み取り、この生徒は何を求めてこの個別指導塾に来ているのかを探る必要があります。

生徒とのコミュニケーションを怠ってはいけない

生徒は学校での不安や受験の不安など様々な悩みを抱えて塾に来ることもあります。そんな時は、ただ志望校に向かって頑張ろうと発破をかけるのではなく、先生の受験のエピソードなどを交えて生徒に話してあげると効果的です。 自分に教えてくれている先生がこの厳しい受験戦争をどうやって乗り越えて今自分の目の前にいるのかを伝えることで、それが生徒にとっての一つの道しるべになり、先生もこんな人生を歩んできたのかと生徒の親近感が湧くきっかけにもなります。つまり、生徒に対して先生が心を開いてあげることが生徒との関係を深める第一歩になります。 そのためには、生徒とのコミュニケーションを怠らず、勉強だけでなく、生徒がどんなことに興味を持っていて、どんな人生を歩みたいのかという視点も大切です。そんな生徒の心に寄り添える先生は生徒や親にとって貴重な存在になるはずです。